カウントダウンタイマー
 今治拳友会冬の祭典寒稽古、はじめの一歩。  この朝の稽古参加者は少数精鋭。暖を取るための焚き火は、スコップ一杯の穴だけでは、足りるはずもなく寒さに震えることになります。ぶるぶる震え、寒すぎて、暖をとるために、家に帰って飛び込んで入った風呂から一時間出ることが出来なかったのは、今となっては良い想い出です。  2018年諸事情により中止とさせて頂いた寒稽古は、2019年度は「寒稽古をやりたい」という求める声に応え復活。県内外より「寒稽古に参加したい」と多数リクエストを頂きました。  寒いから、行きたくない。何故人は寒稽古に行こうとするのか。  寒い、厳しい、きつい寒稽古ですが、終わってみると、達成感と清々しさが心を包みます。やり遂げたという達成感が自信に繋がります。達成感を味わう経験を通して、自主性や健康な身体と強い意志力を形成することがきます。  今治拳友会冬の祭典 寒稽古の「ジンクス」、「初夢、正夢!」  子ども達の間で、広まっているジンクスは、「寒稽古に行かないと優勝できない。」  寒稽古の参加無くして、全国のテッペンは取れない。  2000年初年度少数で始めた寒稽古、今治拳友会を立ち上げた頃の「初心を忘れず!」  参加してくれたメンバーや、子ども達の心に残る、新年にふさわしい今後に繋がるものにできるような寒稽古にしていきたいと思います。 「今治拳友会冬の祭典 寒稽古」を下記の通り開催致します。  寒稽古進行中は、炊き出しの準備、寒稽古終了後は、メンバーや子ども達へ配膳、おっかけカメラマンの皆様への振る舞いなど  寒稽古の設営、準備。寒稽古が終わった後の撤収作業など、メンバー、保護者の皆様、温かいご支援、ご協力をよろしくお願いします。  ご参加いただけます皆様方のご協力をお願い致します。