1) 2006年 (平成18年) 第1回愛媛県大会 (Ehime Tournament) Back Nexit 
行事・大会名   第1回愛媛県日本拳法選手権大会
 日 時   2006 (平成18) 年 9月 3日(日)
 場 所   愛媛県立武道館
 主 催   愛媛県日本拳法連盟
ニュース映像   1.南海放送   
鋭い技 次々応酬 日本拳法大会 県内初の大会(松山)
 県日本拳法選手権大会(主催・県日本拳法連盟)がこのほど、松山市市坪西町の県武道館であった 。日本拳法の大会は県内初開催で、四国四県と岡山県から約六十人が出場した。
 突きやけり、組み技、寝技など幅広い攻撃方法が特色の格闘技。本県競技人口が少なく、県内の拳法家は徳島など他県で開かれる大会に出場していた。県日本拳法連盟が八月に発足し、大会開催が 実現した。
 県連盟の瀬尾浩会長があいさつで「日本拳法は長い歴史があるが愛媛で普及が遅れている。それを 打破するために大会を開きます」と宣言。二部に分かれてトーナメント戦をした。有効打を二本先取すれば勝ちで、頭部や胴に防具を着けた選手らは「オウッ」と声を上げながら鋭い突きやけりを繰り 出していた。
 出場した今治市の村上泰史さんは「防具をつけるので安全に思い切り戦えるのが魅力」と 話していた。
 上位入賞者は次の皆さん。
 【有段の部】  (優勝)坂井栄治(徳島) (準優勝)林 利明(徳島)  (三位)久米 敦(徳島)
 【段外の部】 (優勝)越智拓也(愛媛) (準優勝)松岡達矢(岡山)  (三位)竹田 正(高知)
(2006(平成18)年 9月 9日付 愛媛新聞)
Back Nexit 

日本拳法 今治拳友会Nippon Kempo Imabari Kenyuukai