大会規定 (Tournament rule)
 |Ehime |Nippon Kempo |KATA basic subject |Organization |
 |Dojo guidance |Introduction |Report |Record |Collection Guidance |Goods |Gallery |Support |Sponsor |Link |
Kempo First time Management Tournament Referee Boy section referee
 2) 日本拳法連盟競技規定 (Tournament regulation)
第一条(勝敗)
1. 一本勝負法、三本勝負法、本数勝負法等あるが、公式競技会は原則として三本勝負法にて行う。
2. 勝敗は、所定の時間内において、一本勝負法は一本先取者の勝ち。本数勝負法においては得点多数者の勝ちとする。
3. 得点判定は、日本拳法連盟審判規定に従う。
第二条(競技場)
競技場は9m四方の正方形場内にての勝負とする。但し、正当なる理由をもって競技場を変える(リングその他)場合、事前に連盟審判部の了承があれば、公式競技場として認める。
第三条(競技時間)
1. 勝負時間は3分間を原則とするが、競技運営上の理由により、事前に連盟審判部の了承があれば、2分間とする場合もある。
2. 延長は2分間、または1分間一本勝負、あるいは延長戦の優劣判定もしくは時間無制限一本勝負とする。
3. 延長の優劣判定の時、警告を受けた者は劣となる。
第四条(団体戦)
1. 対試合は原則として五人制、または七人制とし、それぞれ「勝ち」「引き分け」「負け」があり勝者数の多いチームの勝ちとする。選手が相方同数でない場合には,制度人数の過半数あるチームは、欠場者を不戦負けとしたうえで試合を成立させることができる。但し、大将を欠いてはならない。
2. 対試合におけるトーナメント戦の場合、団体勝負が引き分けの時、得点本数の多少に関係なく代表者決定戦を行い、勝敗を決する。代表者は出場者の内より選出される。リーグ戦においては、代表者決定戦は行なわず、
同率の時 @当該チーム同士の勝敗
       A総勝者数の多い方
       B総負者数の少ない方
       C総得点数の多い方
       D総失点数の少ない方
        警告の少ない方 の順にて決する。
3. 勝ち抜き試合は、相方同数の選手を持って競技し、引き分けの場合は相方退く。大将戦引き分けの場合は延長時間無制限一本勝負とする。
4. 対試合、勝ち抜き試合とともに、有段者を有するチームは、大将に必ず有段者を据えなければならない。
第五条(個人戦)
個人戦は原則としてトーナメント戦で行い、第三条の規定に従い競技するが、優勝決定戦においては時間無制限一本勝負とする。三位決定等の順位決定の必要がある場合も同じとする。引き分けの際、原則としてはこれを認めないが、大会特別規定により、所定時間内に受けた警告(0.5点)により、負けとなる場合がある。
第六条(着衣)
1. 拳法衣は連盟指導のものを原則として使用すること。
2. 品位、清潔を保つこと。
第七条(防具)
1. 面・胴(内胴=胴当てを含む)、股当て、グローブ(バンテージを含む)を使用し、着衣、防具以外の物(肘当て,ひざ当て、すね当て、シューズその他加撃に有利とみなされるもの)は着装してはならない。但し、故障箇所に対する包帯、サポーター等はこの限りではないが、事前に当該審判員の了解を得ることにする。
2. 股当ては原則として着衣の下に着装する。また、防具においても、整備と清潔を保つこと。また,面当て(布,タオル等)は白色無地とし、面より外へ出してはならない。内胴の前垂れに個人名を明記しなければならない。
3. 胴はグラスファイバーの上から緩衝剤としてスポンジ状の物を張りその上に更にレザーを張った物を使用しなければならない。
4. 面については男子が面金の太さが8ミリ、女子については7ミリとし頭頂部まで面金で覆われた物,且つ耳金を皮状の物で被覆した物を、平成9年度の公式競技会より使用しなければならない。但し、全日本学生(団体・個人)選手権、全日本総合選手権、全日本社会人及び実業団選手権の各大会においては、平成8年度より使用しなければならない。
第八条(運営)
競技運営は、それぞれの大会規定に従い、選手個人または団体は、これを遵守する。
第九条(罰則)
本競技規定、各大会運営規定に違背する団体または個人は、大会審判長の権限で警告、負け、失格、一定期間出場停止等の罰則が与えられる。
第十条(疑義、判定)
1. 競技に際しては、その勝負判定、その他競技運営等につき、選手または、監督、いずれの者も審判員に対し抗議はできない。但し、監督(連盟に届出のある者、または当日大会審判長宛代理の届出のあった者)にのみが競技終了(勝敗判定)後,当該主審にその疑義を申し出、説明を受けることができる。明らかに規定の解釈に誤りがあった場合に限り、大会審判長の権限にて再度判定することができる。
2. その他本規定の記載なき事項については、全てスポーツマンシップおよびフェアプレーの精神に基づき、大会審判長が競技会主催者との競技の上判断し、これを決する。

日本拳法 今治拳友会Nippon Kempo Imabari Kenyuukai