エントリー

カテゴリー「ポスター」の検索結果は以下のとおりです。

日本拳法のポスター

街角の片隅で、日本拳法のポスターを発見。

ファイル 768-1.jpg

日本拳法を修練する高校生にとっての甲子園「第57回全国高等学校日本拳法選手権大会」が、8月4日(土)・5日(日)二日間に渡って四国で初めて愛媛県武道館(松山市)において開催されます。

ファイル 768-2.jpg

第57回全国高等学校日本拳法選手権大会
主催 全国高等学校日本拳法連盟
会場  愛媛県武道館(所在地:愛媛県松山市市坪西町551)
    入場無料
日時  8月4日(土)12:00~ 男子・女子団体競技
      5日(日)10:00~ 男子・女子個人競技

768

愛媛県大会ポスターVer2

愛媛県大会まで三週間を切りました。

ファイル 598-1.jpg

愛媛県大会の会場となる今治市菊間町の緑の広場(運動公園)総合体育館の正面玄関に、
愛媛県大会ポスターVer2を掲示しました。

ファイル 598-2.jpg

小学校二年生のモモと幼稚園組のコタロー指導員のファイティングポーズ。

ファイル 598-3.jpg

「がんばろう!日本」

日本拳法愛媛のメンバーが精一杯のおもてなしの心でお迎えいたします。
今治大会で皆様とお会いできる事を楽しみにしております。

後援

愛媛県の後援承諾書が、県教育委員会の後援承諾書と共に届きました。

ファイル 575-1.jpg

県知事名で、「申請のありました次の事業について、愛媛県が後援する事を承諾します。」とあります。

県は、初めての後援承諾です。
後援申請を開始した頃、県教育委員会より、一本の電話を頂きました。

「一般の方も参加されているので、県への後援申請もどうですか。」という内容でした。
県教育委員会からも、県窓口にも後援申請について連絡して頂けると言うことで、
継続申請と同じ手続きで、県へ後援依頼の申請を行う事にしました。

「私的な活動から、公的な活動へ。」の一環と「市」的な活動から「全県」的な活動への
ステップアップとして、県教育委員会と県体育協会に新規の後援を頂いたのは、昨年の秋に今治市で開催した県大会。

公的機関は、お役所仕事ってイメージが付きまといがちですが、県教育委員会の私達の活動へのご理解と温かい対応に深く感謝です。有難うございます。

「後援」のメリットとは、
後援を受けた事業のポスター、パンフレット等に掲載する事ができます。
「市教育委員会」の後援があると、市民会館、公民館、図書館等の公共施設にポスターを貼って貰えたりします。市の広報にも掲載して貰えます。

※今治市の広報は、9月15日号に掲載されます。

(行政等)
団体の行う事業への社会的信用が増します。
活動の公共性をアピールできます。

(マスコミ)
告知媒体等に掲載され、広報効果があがる可能性があります。

 愛媛県の文化・スポーツ事業に関する後援申請
■この申請を行うことができる要件は、
(1)主催者が、各種文化団体、各種スポーツ団体、市町村、報道機関等文化・スポーツ事業の活動実績を有する団体であること。
(2)事業が、広く県民を対象として相当の規模で行うものであること。
(3)本県文化・スポーツの振興に寄与すると認められるものであること。
(4)宗教、政治活動を目的とする事業でないこと。
(5)営利を目的とする事業でないこと。
 となっております。
■根拠となる条文等県の文化事業への対応に関する取扱について

■受付窓口 県庁 企画振興部 地域振興局 文化・スポーツ振興課
■添付書類 この申請を行う際には、併せて次の資料が必要です。
(1)収支予算書
(2)事業の企画書
(3)主催団体の規約、役員名簿
(4)主催団体の活動実績がわかるもの

今治CATVの後援承諾書には、具体的な後援方法について記載されています。

ファイル 575-2.jpg

下記の要領にて後援を承諾します。
1.報道についての取り扱い (取材)
2.インフォメーションにての取り扱い (随時)
3.市民情報チャンネル (随時)

ファイル 575-3.jpg

後援に愛媛県と東温市教育委員会を追加しました。
東温市教育委員会以外は、全て後援承諾書が揃いました。

 第6回日本拳法愛媛県選手権大会《個人戦・団体戦》
 中四国交流推進大会

■日時  2011年10月2日(日曜日) 開場8時30分 開会9時45分
■場所  緑の広場(運動公園)総合体育館 アリーナ
     愛媛県今治市菊間町池原1691-1 Tel.0898-54-5730
■主催  愛媛県日本拳法連盟
■主管  日本拳法今治スポーツ少年団    
■後援(予定)
 日本拳法連盟・日本拳法全国少年連盟
・愛媛県・愛媛県教育委員会・今治市教育委員会・東温市教育委員会・(公財)愛媛県体育協会
・愛媛新聞社・今治CATV・南海放送・テレビ愛媛・愛媛朝日テレビ・あいテレビ

暑い日々が続きますが、元気いっぱいに頑張って行きましょう。

追記
中四国の道場の皆様へ
県大会のご案内を発送しました。
皆様の参加を心よりお待ち申し上げております。

愛媛県大会に向けてスタート

秋の県大会に向けて実行委員会を立ち上げ始動しました。

まずは県大会の後援依頼の申請を開始しました。

「後援」とは、行事の趣旨に賛同し、その開催を援助する事をいいます。
後援名義を使用するためには、あらかじめ申請し承認を受ける必要があります。
申請から承諾まで2週間程度の時間がかかります。

ファイル 562-1.jpg

写真は頑張っている今治の子ども達の写真です。
後援申請中なので、後援先は後援(予定)です。

暑い日々が続きますが、元気いっぱいに頑張って行きましょう。

 第6回日本拳法愛媛県選手権大会《個人戦・団体戦》
 中四国交流推進大会

■日時  2011年10月2日(日曜日) 開場8時30分 開会9時45分
■場所  緑の広場(運動公園)総合体育館 アリーナ
     愛媛県今治市菊間町池原1691-1 Tel.0898-54-5730
■主催  愛媛県日本拳法連盟
■主管  日本拳法今治スポーツ少年団    
■後援(予定)
 日本拳法連盟・日本拳法全国少年連盟
・愛媛県教育委員会・今治市教育委員会・(公財)愛媛県体育協会
・愛媛新聞社・今治CATV・南海放送・テレビ愛媛・愛媛朝日テレビ・あいテレビ

追記
中四国の道場の皆様へ
愛媛県大会開催に向け準備中です。
準備が出来次第、中四国の道場の皆様にご案内申し上げます。今暫くお待ち下さい。

小さな一歩

7月7日七夕の日、財団法人愛媛県体育協会の後援承諾書到着。(≧ ≦)Ω ヨッシャ!
これで、後援承諾書全て揃いました。
温かいご支援、ご協力有り難うございます。<(_ _)>

今治市教育委員会から初めて後援を頂いたのは、昨年の秋に今治市で開催した県大会。
「私的な活動から、公的な活動へ。」の一環と「市」的な活動から「全県」的な活動への
ステップアップとして、県教育委員会と県体育協会に新規の後援申請をしました。

新規の申請は注意事項に三週間程度とあるのに対し、申請から承諾まで二週間での後援承諾書の到着。
後援承諾書には「スポーツ振興の趣旨に賛同し後援することを了承致します。」の一文。

体育協会に加盟しているしていないの違いは、
県武道館、市体育館等の公共的な施設の使用申請は、体育協会の加盟団体が先に割り振りした後でないと申請できないので、体育協会に加盟していない団体は、人気のある会場、時間は使用できないに等しい。

学校に例えれば、体育協会加盟団体は部活動、加盟していない団体は学外活動のようなもの。

体育協会に加盟していない団体の大会に後援承諾をして頂いたのは、意義あること。

今治拳友会HPには、「めざせ! えひめ国体! 2017」のスローガンを掲げています。

先般それを見て、「国体競技に、日本拳法はあるんでしょうか?」なんて問い合わせがありました。
「国体競技に、日本拳法はありません。私の夢、想い、目標です。」ってお答えしました。

ほら吹きオヤジの戯言かもしれませんが、動かなければ何も始まりません。
小さい一歩でも、小さな積み重ねが大きな力になります。
小さな一歩でも、前を向いて歩いて行きたいと思います。

~毎日楽しくをモットーに!!~
cloverという名で活動する手作り作家の松山拳友会のmikan@はむ嫁さんの、
happy!clover*mikanの日記

愛媛県大会のポスター。

【大会広告協賛募集ポスター】by mikan

ファイル 341-1.jpg

先般の四国大会で他道場の先生に嫌みっぽく言われた事。
「愛媛は高いね。」

日本拳法の大会の参加料は、徳島大会1,000円、岡山大会1,500円、全日本で2,500円~3,000円。
四国大会の参加料は従来の1,000円から2,000円にしました。
愛媛県大会も参加料は従来の1,000円から2,000円に値上げしました。

踊りコンテストに例えれば、
学校の体育館を借りて、ラジカセの音楽で踊るとか、お金のかからないお金をかけないやり方だってあります。

ステージを作って、音響があって、照明があって、観客が一杯いて、
「こんなところで踊りたい、見に行きたい。これって凄いね。」
って思えるような大会にしたいと思いませんか?

「そんな考え方もあるんだね。」と納得して頂きました。

ロシアの人気のある格闘技のイベント。
お金のかけ方も半端じゃない、スペクタクルな舞台演出。w(°o°)w おおっ!!

Nippon Kempo Russia vs Nippon Kempo Mexico

「日本拳法ロシアマスター」ラシド・サルマノフ選手(モスクワ)「日本拳法メキシコ代表」ロペス選手の対決。

まつりの演舞に向けて猛特訓中のモモ太郎さんが、これを見て、
「愛媛県大会も、こんなのにしましょう~。」(○。●;A アセアセ

ここまでは、無理!無理!~(--)~>
でも、ラウンドガールが欲しいな。(゜▽゜)\(--;)オイオイ!

中四国地区の道場の皆様に愛媛県大会のご案内を本日発送致しました。
皆様の参加を心よりお待ち申し上げております。

皆様、引き続き、温かいご支援、ご協力をよろしくお願いします。

愛媛県大会ポスター by mikan

~毎日楽しくをモットーに!!~
cloverという名で活動する手作り作家の松山拳友会のmikan@はむ嫁さんから、
happy!clover*mikanの日記

愛媛県大会のポスターのデータが届きました。イイネ |ー^)b

【愛媛県大会ポスター】by mikan Version 2

ファイル 338-1.jpg

 私たちは、何の為に戦うのか・・・

 張り詰めた空気の中で

 自分の限界を知る。。。

 技を持ち
 身体を使い
 体力の限界を知る。。。

 汗が光り
 素直に感じる心

 忘れていた本来の姿を取り戻した時
 見える真実  

 それが日本拳法

【愛媛県大会ポスター】by mikan Version 2

ファイル 338-2.jpg

「ぼくがんばる!かつけんね!みよってよ!」  

ちいさな息子が 
ぶかぶかの道着と防具に身を包み 

夢と希望に輝く瞳で 
大きな大きな 
戦いの場に 
出て行った 

現実を知るであろう 
その先に 

彼らは 何を見るのだろう 

追記
今治市の広報に愛媛県大会の告知記事の掲載をお願いに行きました。
市教育委員会の後援承諾があるので、一発返事で快くOK(笑)
温かいご支援とご協力有り難うございます。<(_ _)>

今治市広報発行規程
第1条 この規程は、今治市広報(以下「広報」という。)を発行し、もって本市の行政に関する諸般の事項を広く一般に周知徹底させることを目的とする。

広報今治は毎月2回、原則として1日と15日に発行。

9月15号に掲載予定です。

県大会ポスター募集1

日本拳法愛媛県大会のポスター原案を募集したところ、
愛媛県各地から、たくさんの作品が寄せられました。(゜ ゜;;)\(- -;) ホント?
ご紹介致します。(*^_^*)

日本拳法愛媛県大会【青春編】

ファイル 333-1.jpg

 私たちは、何の為に戦うのか…

ファイル 333-2.jpg

 張り詰めた空気の中で
 自分の限界を知る

ファイル 333-3.jpg

 「技」を持ち、
 「身体」を使い、
  体力の限界を知る

ファイル 333-4.jpg

 汗が光り、
 素直に感じる「心」

ファイル 333-5.jpg

 忘れていた本来の姿を取り戻した時、見える真実
 
 それが日本拳法
 
 日本拳法愛媛県選手権大会
 10月3日(日)
 今治市 緑の広場(運動公園)総合体育館
 主催 愛媛県日本拳法連盟
 主管 日本拳法今治スポーツ少年団
 by mikan

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今治拳友会

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ブログパーツ

Fight Diary
今治拳友会
YouTube Video channel
「いいね!」する
「好き」「いま」をフォロー!
航(今治拳友会)
ranking


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング 人気ブログランキング!ブログ王 日記・ブログランキング

ユーザー

新着画像

新着トラックバック

Re:2019日本拳法愛媛県大会
2019/10/18 from Fight Diary of Imabari Kenyuukai
Re:2019日本拳法愛媛県大会
2019/10/18 from Fight Diary of Imabari Kenyuukai
Re:2019日本拳法愛媛県大会
2019/10/16 from Fight Diary of Imabari Kenyuukai
Re:2019日本拳法愛媛県大会
2019/10/15 from Fight Diary of Imabari Kenyuukai
Re:2019日本拳法愛媛県大会
2019/10/15 from Fight Diary of Imabari Kenyuukai

過去ログ

Feed