エントリー

2014年07月14日の記事は以下のとおりです。

「少年拳法甲子園」全国少年大会(団体戦)2

←(「少年拳法甲子園」全国少年大会(団体戦)1)

決勝トーナメント
準々決勝 ○今治拳友会(愛媛) vs ●徳島県連盟A
準決勝 ○旭拳連A(大阪) vs ●今治拳友会(愛媛) 3勝3敗引き分け、勝ち本数1本差で惜しくも敗退。

ファイル 1336-1.jpg

チーム今治拳友会の大将は、少年部主将の小学校六年生のあーちゃんことあかね。
今回の大会が、あかねにとって小学生最後の少年大会でした。
最後の大将戦で、勝敗が決まる場面も多かったです。

トーナメント戦のチーム勝負は①勝ち数②勝ち本数③代表戦、の順で決定します。
準決勝の旭拳連A(大阪)の大将戦で、勝っても一本しか取れなかったらチームの負け、二本勝ちして引き分けで代表戦にもつれる場面でした。

プレッシャーのかかる場面で、勝ちに行こうとするあかねの気迫、気合い。
あかねが手足をバタバタともがく姿から、あかねの一生懸命さが胸が張り裂けそうない位、伝わってきました。

三位決定戦
○三密・真武館(大阪) vs ●今治拳友会(愛媛)

ファイル 1336-2.jpg

準決勝の大将戦では、あかねは勝ちましたが一本しか取れず、チームの負けが決定しました。
二本勝ち出来なかった悔しさ、少年部主将としての責任を感じてあかねが号泣、悔しくて涙が止まらない。

あかねの涙から、大事なものを感じて欲しいと思います。

ファイル 1336-3.jpg

結果四位、三位までは表彰されますが、四位はありません。
三位までは翌年の大会パンフレットに、名誉を讃え道場名が記載されますが、四位は何も無し。(泣)(笑)

私は、審判で大会のお手伝いでした。
審判員は、空いているときは、審判席で待機。審判の空いているときに、遠目での応援となりました。
審判席から、はらはら、どきどき、「みんな頑張れ!」って声を出すのを我慢して、手に汗握って、心の中で、応援していました。(笑)

みんな本当によく頑張った。
最後まで精一杯闘い抜きました。

ファイル 1336-4.jpg

震えるような感動を覚える「記録より、記憶に残る試合。」感動をありがとう!

「今日の涙を明日の笑顔に! 」

閉会式の、全国少年連盟上村副会長の講評の中で、今治拳友会の健闘を讃えてくれたこと、
岡山瀬戸内道場を始め中四国の親交のある道場の皆さんの絶叫?とも言える熱烈な応援、励ましの言葉、嬉しかったです。

応援して頂いた皆様ありがとうございました。

日本拳法全国少年連盟の皆様を始め関係各位の皆様お世話になりました。有り難うございます。
参加された皆様、子ども達を応援に来られた保護者の皆様お疲れ様でした。<(_ _)>

「終わりは、次の始まり!」

次の目標に向けて、頑張りましょう。(^_^)v

1336

「少年拳法甲子園」全国少年大会(団体戦)1

7月13日(日曜日)「少年拳法甲子園」日本拳法全国少年大会(団体戦)
会場は、甲子園球場の近くにある兵庫県西宮市の兵庫県立総合体育館。

いよいよ!「少年拳法甲子園」開幕!

ファイル 1335-1.jpg

今治拳友会のチーム編成は、小学生一チーム。
メンバー6人中、男子一名、女子五名のチーム編成です。
子ども達にとっては、9月14日(日)に大阪市中央体育館で開催される、「全・日本拳法総合選手権大会」(個人戦)に向けての、前哨戦ともいえる大会です。

2012年初挑戦、予選リーグ全敗、自分達の弱さを思い知る。今治拳友会の歴史はすべては負けからスタート。2013年二回目の挑戦、予選リーグ悔しくも代表戦で敗退、決勝トーナメントに進めず。
2014年三回目の挑戦、リベンジチャレンジ2014!
目標は予選リーグ突破、決勝トーナメント進出。

「やるぜ!」「チーム今治拳友会!」

ファイル 1335-2.jpg

競技方法は、学年別、男女混合のリーグ・トーナメント併用による団体戦。
予選リーグは、一位のチームが、決勝トーナメントに進めます。

今治拳友会は、Cリーグ。
対戦相手は、大道(大阪)、湯浅A(和歌山)、三密会D(大阪)、北桜館B(岡山)併せて5チームで、一位のチームが、決勝トーナメントに進めます。

ファイル 1335-3.jpg

初戦の相手は、日本拳法発祥の地大阪を活動拠点とする全国大会で多数の入賞者を輩出する三密会D(大阪)チーム、相手に不足なし。(笑)

ファイル 1335-4.jpg

円陣を組んで、まずは気合い!「みんなの心を一つに!」

初戦の試合結果は、二勝二敗二引き分けで引き分け。出だしは微妙。

ファイル 1335-5.jpg

みんなの合い言葉は「先に取りに行け!取られたら取り返せ!最後まで諦めるな!」
「負けても、みんなで取り返そう!」

Cリーグでの結果は、三勝一引き分け、予選リーグトップで、初の決勝トーナメント進出。

私は、審判で大会のお手伝いでした。
審判員は、空いているときは、審判席で待機。審判の空いているときに、遠目での応援となりました。
審判席から、はらはら、どきどき、「みんな頑張れ!」って声を出すのを我慢して、手に汗握って、心の中で、応援していました。(笑)

(「少年拳法甲子園」全国少年大会(団体戦)2)→

1335

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2014年07月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今治拳友会

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ブログパーツ

Fight Diary
今治拳友会
YouTube Video channel
「いいね!」する
「好き」「いま」をフォロー!
航(今治拳友会)
ranking


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング 人気ブログランキング!ブログ王 日記・ブログランキング

ユーザー

新着画像

新着トラックバック

Re:テレビ愛媛 EBC LiveNews「Dream+」 取材収録
2019/08/17 from Fight Diary of Imabari Kenyuukai
Re:テレビ愛媛 EBC LiveNews「Dream+」 取材収録
2019/08/08 from Fight Diary of Imabari Kenyuukai
Re:2019旭区民日本拳法大会
2019/08/08 from Fight Diary of Imabari Kenyuukai
Re:2019旭区民日本拳法大会
2019/08/08 from Fight Diary of Imabari Kenyuukai
Re:テレビ愛媛 EBC LiveNews「Dream+」 取材収録
2019/08/08 from Fight Diary of Imabari Kenyuukai

過去ログ

Feed