calendar

« 2017.10 »  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

記事一覧

2017日本拳法総合選手権大会

9月24日日曜日、大阪市中央体育館。
今年の日本一を決める、(一財)日本拳法全国連盟が総力を挙げて開催する日本拳法最大のイベント「日本拳法総合選手権大会」

「駆け上がれ!夢の舞台へ!」「駆けあがれ!日本のテッペン!」

2010年、愛媛県の日本拳法史上初めての少年部の全国大会の参戦を果たし、今年で八回目の挑戦です。

ファイル 2062-1.jpg
今治から、小中学生部門は9名が出場しました。
選手集合場所、全国大会初出場、中川 英明

ファイル 2062-2.jpg
小学5年生の部一回戦シード、二回戦(19試合)のコタローの対戦相手、南牟礼 健心選手とツーショット。(三重・亀山)

後集合写真以外撮れませんでしたので、写真省略。すみません。<(_ _)>

小学5年生の部一回戦シード、二回戦(19試合)
コタロー5連覇の夢破れ、涙の初戦敗退、コタローショック。

コタローとの合い言葉は「決勝で会おうぜ!」

【小学3年女子】
中川 はるか
昨年初めての大阪、初めての全国大会出場、初優勝。
二連覇目指して、この日のために頑張ってきました。

昨年全国大会初出場、初優勝、二連覇達成。

【小学4年女子】
井手 虹花
全国大会に初めて挑戦したのは二年前。
昨年の全国大会は、準決勝で敗れて三位。
悔し涙を糧に、全国のテッペン目指して、この日のために頑張ってきました。

全国大会初優勝。

【小学5年男子】
水本 康太
全国大会に初めて挑戦したのは二年前。

全国大会三回目の挑戦で、初の決勝進出、全国大会準優勝。

【小学6年女子】
井出 七星
準決勝で判定負け、惜しくも決勝進出ならず。
小学1年生で全国大会初出場、6年連続出場、6年連続入賞。
優勝1回(3年) 準優勝3回(1年、2年、5年) 三位3回(4年、6年)

今治拳友会の選手の成績は以下の通り。
(大会結果)
【小学3年女子】(優勝) 中川 はるか
【小学4年女子】(優勝) 井手 虹花
【小学5年男子】(凖優勝) 水本 康太
【小学6年女子】(3位) 井出 七星

みんなの想いを背負って、コタローの悔しい想いをコタローの分までよく頑張ってくれました。

ファイル 2062-3.jpg
みんなで強くなった今治拳友会です。
「勝っても奢らず、負けても挫けず」の精神で、
一緒に練習してくれる仲間への感謝の気持ちを忘れずに!

子ども達を応援に来られた保護者の皆様、お疲れ様でした。
応援していただきました皆様ありがとうございます。
 

日本拳法 今治拳友会

2017愛顔つなぐえひめ国体 デモンストレーションスポーツ日本拳法7

←(2017愛顔つなぐえひめ国体 デモンストレーションスポーツ日本拳法6)
 

締めは、カウントダウンで

ファイル 2042-1.jpg
大きな音とともに銀テープが子ども達に降り注ぐエアーショット。

ファイル 2042-2.jpg
愛顔(えがお)つなぐえひめ国体マスコットの「みきゃん」も終日参加して頂きました。

ファイル 2042-3.jpg
極上のスマイル!

ファイル 2042-4.jpg
素敵な笑顔で「はい、ポーズ!」

ファイル 2042-5.jpg
おかげさまをもちまして無事大会を終える事ができました。全国各地県内外より参加して頂いた選手の皆様、有り難うございます。

 日頃の活動から、大会の準備、運営まで温かく支えて頂いた保護者の皆様、スタッフの皆様、関係各位の皆様、温かいご支援とご協力を頂き誠に有り難うございました。
応援して下さった皆様、また支えて下さった全ての皆様に心より感謝申し上げます。
 

今治拳友会の成績は、以下の通り。
(大会結果)
【少年の部】
小学3年 優勝 中川 はるか
小学4年 優勝 井手 虹花
小学5年 優勝 田村 虎太郎 準優勝 水本 康太
小学6年 優勝 井出 七星
幼 年 三位 水本 芽依 敢闘賞 大島 慶太
壮 年 敢闘賞 藤本 明男
一般段外 準優勝 平野 航太

▽小学5年
 (ベスト8) 髙橋 慎之介 三宅 龍清
 (ベスト16) 白石 悠真
▽中学生女子 (ベスト8) 宮崎 萌子

(今治拳友会岩国支部)
一般段外 優勝 岡田 郁輝
高校男子 三位 岡田 郁輝

▽小学3年 (ベスト8) 本城 遥人 北島 優妃
▽小学5年 (ベスト16) 園畠 聡一朗
▽小学6年 (ベスト16) 亀田 蒼良 北島 姫輝
 

追記
大会前日の前夜祭は、全国各地より70名余り、二次会で行ったお店は7軒。
大会の打ち上げ会は、宮城県気仙沼道場、大崎クラブ、三重県菰野日本拳法会の小林ファミリー、岡山の山口ファミリーもご一緒に、参加者は、子どもと大人合わせて60名余り。
「今日のビールは、う、美味い。」(笑)
最高の仲間に、最高の打ち上げでした。
 

日本拳法 今治拳友会

2017愛顔つなぐえひめ国体 デモンストレーションスポーツ日本拳法6

←(2017愛顔つなぐえひめ国体 デモンストレーションスポーツ日本拳法5)
 

ファイル 2041-1.jpg
自分の試合が終わったらお終いじゃないよ、仲間を応援しよう。
自分達の試合の時に、時計や記録、呼出、招集、コートスタッフで支えてくれる人達がいるこそ、大会や試合をする事が出来る。コートスタッフで支えてくれた、試合に出るメンバーやお父さんを応援する事は、子ども達とのお約束でした。

ファイル 2041-2.jpg
頑張った子ども達に表彰状を渡してあげることができるのは、実行委員長の特権です。

ファイル 2041-3.jpg
 

ファイル 2041-4.jpg
大会デビュー、初勝利、初入賞、「奥義は素敵なスマイル!」幼稚園組のめい。

ファイル 2041-5.jpg
最後の締めの実行委員長挨拶。
 

(2017愛顔つなぐえひめ国体 デモンストレーションスポーツ日本拳法7)→
 

日本拳法 今治拳友会

2017愛顔つなぐえひめ国体デモンストレーションスポーツ日本拳法5

←(2017愛顔つなぐえひめ国体 デモンストレーションスポーツ日本拳法4)
 

ファイル 2040-1.jpg
いよいよ、クライマックス、決勝戦!

ファイル 2040-2.jpg
小学校五年生の部の決勝戦は、虎太郎と康太との今治拳友会の同門対決。

「記録より、記憶に残る試合!」

これぞ、驚き、笑い、そして感動!メイクドラマ!2017愛顔つなぐえひめ国体デモンストレーションスポーツ日本拳法!

少年部門の決勝戦、幼年、小学校1,3.4.5.6年、中学生女子、エントリーした7部門中、4部門制覇。

ファイル 2040-3.jpg
我が子の前で見せてやりたい、闘う親父の背中。

ファイル 2040-4.jpg
結果は残せませんでしたが、部活動、塾、受験と何かと忙しい中学生、小学校を卒業して拳法も卒業していく子ども達が多い中で、中学生になっても拳法を続けていく心意気が嬉しい中学生組。

ファイル 2040-5.jpg
負けても涙!勝っても涙!涙無くして何がある。感動の親子ご対面。
 

(2017愛顔つなぐえひめ国体 デモンストレーションスポーツ日本拳法6)→
 

日本拳法 今治拳友会

2017愛顔つなぐえひめ国体デモンストレーションスポーツ日本拳法4

←(2017愛顔つなぐえひめ国体 デモンストレーションスポーツ日本拳法3)
 

ファイル 2039-1.jpg
今治拳友会の切込み隊長「一人で五人分の気合い!」がモットーの虎太郎。

ファイル 2039-2.jpg
小学校六年生の部。
全国のテッペンを目指して、七つ星こと七星。

ファイル 2039-3.jpg
午後からは、高校生男子、一般女子、壮年(40才以上、二段以下)、一般男子段外、一般男子有段

ファイル 2039-4.jpg
子ども達の頑張りに負けられない、闘う親父、闘ちゃんずも頑張りました。

感動のファイナルステージへ!

ここにはたくさんの夢・希望・感動!

ファイル 2039-5.jpg
音と光のコラボレーション! 音と光のファンタジー !

2017愛顔つなぐえひめ国体デモンストレーションスポーツ日本拳法のファイナルステージ。

その前にトラブルがありました。メンテナンスしてはずの二台のフォグマシンの内一台故障。
空間に漂うスモーク(煙)で、照明、レーザー光線の効果を高めるはずが、フォグマシンのスモークが、市営体育館の空調設備の風の流れで逆流し、巧くいきませんでした。
 

(2017愛顔つなぐえひめ国体 デモンストレーションスポーツ日本拳法5)→
 

日本拳法 今治拳友会

ページ移動