calendar

« 2017.3 »  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

記事一覧

2016白虎会優勝大会

12月18日(日曜日)第22回白虎会優勝大会
年末の忙しい時期の日本拳法発祥の地の大阪への大会遠征。
今治拳友会からは少年部9名、一般4名、併せて参加しました。
少年部4名は、初めての大阪遠征。

参加団体74団体合計754名、大会史上二番目に参加者が多い大会だそうです

今治拳友会は七回目の参戦です。

ファイル 1905-1.jpg
全国レベルの選手多数参加、全国大会は出場権を獲得しないと出場できませんが、やる気さえあれば大会に参加できます。
この大会の審判のお手伝いをさせて頂きました。

ファイル 1905-2.jpg
10コート、少年から一般まで一斉に試合が始まります。
小学生部門は、リーグ戦方式なので、試合経験が積めるのが魅力の大会です。
リーグ戦は二審制、トーナメントは三審制。

学年が上がるに連れて、レベルも高く、選手層も厚くなります。
【小学校4年生男子】の参加者は54名エントリー、16リーグ。
予選リーグ1位で、決勝トーナメントに進む事ができます。

今治拳友会少年部は、9名中、7名が決勝トーナメントに進みました。

ファイル 1905-3.jpg
いよいよ決勝戦。
今治拳友会からは、三名決勝進出。

決勝戦は、本人のコメントと一緒に選手を紹介。

【小学校4年生男子】
「応援してくれた人と、教えてくれた人に感謝の気持ちを持って優勝します!」
今治拳友会所属 田村 虎太郎 選手

【小学校低学年女子】
「優勝して、ゲームソフトを買って貰うぞ!」
今治拳友会 所属 中川 はるか 選手

【小学校中学年女子】
「優勝して、これからもずっと連覇していきます!」
今治拳友会所属 井手 虹花 選手

(大会結果)
【小学校4年生男子】(優勝) 田村 虎太郎
【小学校低学年女子】(優勝) 中川 はるか (小2)
【小学校中学年女子】(優勝) 井手 虹花 (小3)

【小学校4年生男子】54人エントリー
・水本 康太 (予選リーグ1位、決勝トーナメント進出)
・中川 英明 (予選リーグ1位、決勝トーナメント進出 ベスト8)
・高橋 慎之介 (予選リーグ1位、決勝トーナメント進出)
【小学校高学年女子】
・井出 七星 (小5) (予選リーグ1位、決勝トーナメント進出 ベスト8)

【一般段外の部】122人エントリー
小鴉 一之 (ベスト32)
川井 勝成 (ベスト16)

【初段の部】57人エントリー
石井 重安 (ベスト8)
 

ファイル 1905-4.jpg
優勝者には、頭に付ける葉のわっか「月桂樹の冠 」「勝利」と「栄光」のシンボルが授けらます。
それと副賞のジュース一箱。コタローのジュースはみんなにお裾分け。

ファイル 1905-5.jpg
決勝戦では今治拳友会全員で応援することができましたが、閉会式が終わったのは18時前、帰りが最終便のバス組の時間に間に合わなくなるので、参加者全員で集合写真を撮ることが出来ませんでした。

白虎会優勝大会関係者の皆様お世話になりました。有り難うございました。
参加された皆様、子ども達を応援に来られた保護者の皆様お疲れ様でした。<(_ _)>

拳法は個人競技ですが、練習相手がいなければ練習が出来ない。支えてくれるお父さん、お母さんがいなければ、練習出来ない、試合に出れない。

一緒に練習してくれる仲間、支えてくれる人、応援してくれる人に感謝の気持ちを忘れてはいけません

「終わりは、次の始まり!」
「勝っても奢らず、負けても挫けず!」の精神で、
大切なのはこれから、
 

日本拳法 今治拳友会

2016日本拳法白虎会優勝大会決勝戦 by 今治拳友会

第22回日本拳法白虎会優勝大会

ファイル 1904-1.jpg
いよいよ白虎会優勝大会クライマックス、ファイナルステージ決勝戦。

ファイル 1904-2.jpg
「応援してくれた人と、教えてくれた人に感謝の気持ちを持って優勝します!」
今治拳友会所属 田村 虎太郎 選手


2016日本拳法白虎会優勝大会決勝戦(小学4年男子) by 今治拳友会
▽小学校4年男子
赤 (1) 田村 虎太郎 (今治拳友会)
白 (2) 真田 亘太朗 (大阪・真武館)
 
ファイル 1904-3.jpg
「優勝して、ゲームソフトを買って貰うぞ!」
今治拳友会 所属 中川 はるか 選手


2016日本拳法白虎会優勝大会決勝戦(小学校低学年女子) by 今治拳友会
赤 (1) 中川 はるか (今治拳友会) (小2)
白 (2) 大西 璃夢 (和歌山・湯浅支部)

ファイル 1904-4.jpg
「優勝して、これからもずっと連覇していきます!」
今治拳友会所属 井手 虹花 選手


2016日本拳法白虎会優勝大会決勝戦(小学校中学年女子) by 今治拳友会
▽小学校中学年女子
白 (1) 井手 虹花 (今治拳友会) (小3)
赤 (2) 川合 唯津子 (大阪・三密会)

ファイル 1904-5.jpg
応援して頂いた皆様ありがとうございました。
 

第22回日本拳法白虎会優勝大会
日時:2016(平成27)年12月18日(日)
会場:パナソニックアリーナ(前松下電器産業体育館)
枚方市菊ヶ丘南町2番
主催:白虎会

参加団体74団体合計754名
 

日本拳法 今治拳友会

2016日本拳法岡山県大会

11月19日土曜日。
しまなみ海道を通って、山口県へ。車で約270km、所要時間約三時間半の道のり。
11月第三土曜日と言えば、中京大学同窓会中国四国地区支部長会議。

ファイル 1889-1.jpg
一昨年、昨年は代理出席でしたが、来年はえひめ国体、国体開催県では毎年中京大学全国同窓会を開催します。三年ぶりに、中国四国地区支部長会議、その後山口県支部同窓会に出席。

1月20日日曜日。
四時過ぎに山口県を出発、桃太郎の里、岡山、山陽自動車道を通って、いざ岡山へ。車で約270km、所要時間約三時間半。
一昨年も、去年も、朝から雨でしたが、今年は雨上がりの曇り。

今治市立日高小学校組は、学校行事と重なり、一名を除き岡山県大会は参加できません。
今治拳友会少年部から、岡山県大会に挑戦する子ども達は6名、伊丹支部、岩国支部併せて合計14名。

ファイル 1889-2.jpg
全国大会のベスト4の3人が四国、激戦区部門小学4年の部。
試合前から、盛り上がる?小学4年生組。(笑)

▽小学3年生の部

ファイル 1889-3.jpg
虹花が入会したのは、去年の春。大会で初めて優勝したのは、去年の岡山県大会。

ファイル 1889-4.jpg
昨年は学校行事で参加できませんでしたが、今年も学校行事と重なってしまいましたが、学校にお願いして二年ぶりの岡山県大会参加の「一人で五人分の気合い!」がモットーのコタロー指導員。

大会に出たくても、学校行事で、参加出来なかった日高小学校組の子ども達の想いを背負って臨んだ本大会。

ファイル 1889-5.jpg
結果はともあれ、みんな頑張りました。
大会を終えた後は、素敵な笑顔で「はい!ポーズ!

本大会の参加者は220名余り、試合はトーナメント、参加者の半分が一回戦で負けます。
一つ勝つ、さらに優勝するってことは簡単な事ではありません。

初めて岡山県大会に挑戦するも、一回戦負け。
「悔しいから、次は勝てるように頑張っていく。」はるかとの約束です。

「勝っても奢らず、負けても挫けず!」の精神が大事です。

日本拳法岡山県連盟の皆様を始め関係各位の皆様お世話になりました。有り難うございます。
参加された皆様、子ども達を応援に来られた保護者の皆様お疲れ様でした。<(_ _)>
 

今治拳友会の選手の成績は以下の通り。
▽幼年の部
(優凖勝) 平野 生真
▽小学1年生の部
(敢闘賞) 本城 彰人(岩国支部)
▽小学3年生の部
(優勝) 井手 虹花
▽小学4年生の部
(優勝) 田村 虎太郎

▽高校生男子の部
(三位) 岡田 郁輝 (岩国支部)
 
▽小学4年生の部
 (ベスト8) 中川 英明
 (ベスト8) 園畠 聡一朗 (岩国支部)

▽小学5年生の部
 (ベスト8) 亀田 蒼良 (会岩国支部)

【一般段外】
 (ベスト16) 平野 航太
 

日本拳法 今治拳友会

2016日本拳法徳島大会2

←(2016日本拳法徳島大会1)
 

ファイル 1884-1.jpg
▽小学4年男子の部 決勝戦。
コタローとの合い言葉は「決勝戦で会おうぜ!」
康太、初めての決勝進出。初めて叶えた男と男の約束。

「笑顔で帰ろうぜ!」康太!

日頃の努力したことが、結果に出ないことも多いですが、

努力したことが結果につながる。

種をまいて、芽が出て、実を結ぶ。

ファイル 1884-2.jpg
▽小学5・6年女子の部 決勝戦。
四国を制する者が、全国を制す。
勝ち進んできたのはやっぱりこの二人。
決勝戦は、全国大会の決勝戦の再現、
七星の相手は、ライバル、全国チャンピオンの阿波道場の上原 葵選手。

ファイル 1884-3.jpg
表彰式

ファイル 1884-4.jpg
「一人で五人分の気合い!」がモットーのコタローの徳島大会デビューは、幼稚園組の年長さんの頃。
コタローは、通算七回目の徳島大会、七連覇達成。

ファイル 1884-5.jpg
大会を終えた後は、今治拳友会のメンバーで「はい!ポーズ!」
 

日本拳法徳島県連盟の皆様を始め関係各位の皆様お世話になりました。有り難うございます。
参加された皆様、子ども達を応援に来られた保護者の皆様お疲れ様でした。<(_ _)>
 

今治拳友会の選手の成績は以下の通り。
▽幼年の部
(三位) 平野 生真

▽小学3・4年女子の部
(優勝) 井手 虹花

▽小学4年男子の部
(優勝) 田村 虎太郎
(準優勝)水本 康太

▽小学5・6年女子の部
(準優勝) 井出 七星

▽中学1年女子の部
(準優勝) 田村 百萌

▽高校男子の部
(準優勝) 岡田 郁輝 (岩国支部)

▽一般の部(段外)
(準優勝) 川井 勝成 (伊丹支部)
 

日本拳法 今治拳友会

2016日本拳法徳島大会1

11月3日火曜日、文化の日。
天気は快晴、朝5時半に今治を出発、酢橘の里、徳島へレッツゴー!

ファイル 1883-1.jpg
会場に着いたら直ぐに着替えて、準備運動、ウォームアップして、防具練習。

ファイル 1883-2.jpg
開会式十分前、みんなで円陣を組んで気合いを入れます。
「今治拳友会!ファイトー!」「オー!」

ファイル 1883-3.jpg
開会式

ファイル 1883-4.jpg
▽小学3・4年女子の部 決勝戦。
虹花。

努力が結果となってあらわれる。

ファイル 1883-5.jpg
全国大会のベスト4の3人が四国、激戦区部門小学4年男子の部。

 

(2016日本拳法徳島大会2)→
 

日本拳法 今治拳友会

ページ移動