calendar

« 2017.12 »  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

記事一覧

ジュニアえひめ新聞「日本拳法連覇続ける絶対王者」

「日本拳法連覇続ける絶対王者」

ファイル 2050-1.jpg
2017年(平成29年)9月3日(日曜日) ジュニアえひめ新聞
 

日本拳法 今治拳友会

寒さ飛ばす気合いの突き 今治の日本拳法道場 海岸で寒稽古 by 愛媛新聞ワイドえひめ

2017(平成29)年1月5日付 愛媛新聞ワイドえひめに今治拳友会冬の祭典 第7回寒稽古の記事が掲載されました。

ファイル 1923-1.gif
 寒さ飛ばす気合いの突き
今治の日本拳法道場 海岸で寒稽古
(元旦の海岸で気合の入った掛け声とともに突きを繰り出す今治拳友会の道場生)
 
 日本拳法の道場「今治拳友会」は1日早朝、愛媛県今治市東村1丁目の織田が浜で寒稽古を行い、5~55歳の道場生ら33人が寒風吹く海岸で心身を鍛錬した。

 寒さに負けない気力と体力を養おうと2011年から元旦に実施している。参加者は午前6時ごろ真っ暗な海岸に集合し、砂浜をランニング。日の出が近づき、明るくなった午前7時ごろには大人は海に、子どもは波打ち際に移動し、気合の入った掛け声とともに突きを繰り返した。

 毎年参加している日高小学校4年の田村虎太郎君(10)は「寒さに負けないように精いっぱい声を出した。今年出場する全ての大会で優勝したい」と抱負を語った。今治拳友会の村上泰史理事長は「愛媛国体のデモンストレーションスポーツとして8月に市内で日本拳法の交流大会が開かれる。多くの人に日本拳法を親しんでもらいたい」と話した。
 

日本拳法 今治拳友会

子どもたちも参加 今治で日本拳法の寒稽古| 愛媛新聞ONLINE

子どもたちも参加 今治で日本拳法の寒稽古| 愛媛新聞ONLINE 2015年01月01日(日) 11時17分配信

ファイル 1920-1.jpg
【写真】元旦の海岸で気合いの入った掛け声とともに突きを繰り出す今治拳友会の道場生
 

 日本拳法の道場「今治拳友会」は1日早朝、愛媛県今治市東村1丁目の織田が浜で寒稽古を行い、5~55歳の道場生ら33人が寒風吹く海岸で心身を鍛錬した。

 寒さに負けない気力と体力を養おうと2011年から元旦に実施している。参加者は午前6時ごろ真っ暗な海岸に集合し、砂浜をランニング。日の出が近づき、明るくなった午前7時ごろには大人は海に、子どもは波打ち際に移動し、気合の入った掛け声とともに突きを繰り返した。
 
子どもたちも参加 今治で日本拳法の寒稽古| 愛媛新聞ONLINE
 

日本拳法 今治拳友会

元旦の誓い拳に込め 今治拳友会 波打ち際で寒稽古 by 愛媛新聞

2016(平成28)年1月5日付 愛媛新聞ワイドえひめに今治拳友会冬の祭典 第6回寒稽古の記事が掲載されました。

ファイル 1750-1.gif()
元旦の誓い拳に込め
今治拳友会 波打ち際で寒稽古

(初日の出前の砂浜で稽古に打ち込む今治拳友会の道場生)

 心身を鍛錬しようと、日本拳法の今治拳友会が1日、今治市東村1丁目の織田が浜で寒稽古を行い、初日の出前から波打ち際で突きや蹴りを繰り出した。

 稽古は、子どもから大人までの道場生ら約30人が午前6時ごろ開始。真っ黒な砂浜をランニングした後、はだしになり、子ども達は「冷たい」と表情をこわばらせながらも、気合いの入った声に合わせ前蹴りなどの練習に励んだ。
 辺りが明るくなった日の出前には大人が海に入り、子どもは波打ち際へ。寒さに耐えながらトレーニングに打ち込んだ。
 初参加の乃万小学校2年井手虹花さん(8)は「砂が冷たく、はだしでの稽古は大変だった。今年は四国大会で優勝して全国へ出場したい」と話していた。
 今治拳友会の寒稽古は2011年からの恒例行事。
 

日本拳法 今治拳友会

日本拳法トリプル「金」 by 愛媛新聞

2015(平成27)年10月7日付 愛媛新聞に日本拳法全国大会の記事が掲載されました。

ファイル 1685-2.jpg
日本拳法 今治勢3人V
日本拳法の世界に今治旋風-。このほど大阪市で日本拳法総合選手権大会が開催され、少年の部で今治拳友会の小中学生3人が優勝した。同会はほかにも準優勝、3位も一人ずつ輩出。子ども達の強さの裏には、チームメート同士高め会う関係があった。
 

ファイル 1685-1.jpg
日本拳法総合選手権大会で優勝した(前列左から)田村君、宮崎さん、佐伯さん。(左後列から)と3位の井出さん、準優勝の古川さん
 
日本拳法トリプル「金」
 今治拳友会 佐伯さん(12)、宮崎さん(12)、田村君(9)
大阪市でこのほど開催された日本拳法総合選手権大会(日本拳法全国連盟主催)少年の部で、今治市の今治拳友会に所属する市内の小中学生3人が見事優勝を果たした。
 
小中学年・男女別 全国大会突き蹴り躍動
 3人は西中1年佐伯朱音さん(12)、日高小6年宮崎愛子さん(12)、同校3年田村虎太郎君(9)。
 日本拳法は防具を着け突きや蹴り、組み技などで勝負を決める。少年の部は突きと蹴りのみで、地区予選を勝ち抜いた336人が出場。小学1年から中学3年まで学年ごとに男女別で実施された。
 宮崎さんは初優勝で「夢みたい」と喜びいっぱい。決勝ではチームメイトの日高小6年古川そらさん(12)と対戦した。お互い手の内を知る相手で難しい試合となったが、得意の面突きで勝利。「試合ではライバルだけど同じ学年のチームメイト5人は一緒に高めあう仲間。みんなでレベルアップしたい」とさらなる精進を誓った。
 佐伯さんは昨年3位の悔しさを晴らすべく強気に攻め、2年ぶり2回目の優勝。2才から競技を始めた田村君は相手を寄せ付けず3連覇を果たした。
 今治拳友会の日高小4年の井出七星さん(10)も3位入賞した。
 
(2015(平成27)年10月 7日(水)付 愛媛新聞)
 

日本拳法 今治拳友会

ページ移動