キーワード検索

キーワード検索フォーム
キーワード
検索対象

検索結果

2512件ヒットしました。全252ページ中240ページ目を表示しています。

新年度

3月31日、年度末最後の稽古。 子ども達にとっては、新学年との狭間にあたる春休み。 運動前に音楽を聞いていると動きたくなりますよね。 道場に入ると、電光時計の時間を合せて、ラジカセのCDスタート。 稽古前には、、音楽を聞きながらの準備運動、ストレッチ。 和気あいあいと、保護者も交えての親子ストレッチ教室になっています。(*^_^*) 少年の部の稽古始め、学年順に全員整列。 道場では今日から...

機帆船

昭和20年代に設計・建造した、当時最高の450トン積み木造貨物船の13分の1模型。 木の素材選びから、仕上げまで、2年の歳月をかけて、船型、船体構造、内部の貨物層まで、リアルに細かく復元されました。   これを手がけたのは、木で造られる和船を手がけ、船大工と呼ばれる造船職人。 今治市宮窪町で行われている「水軍レース」で使われる小早船(こばやぶね)も全て手がけた本物の船大工と呼ばれるの匠の技...

ヤッターマン

雲に覆われ、ヒンヤリ冷たい空気に包まれて花冷えが続きます。 ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない。 ヤッター、ヤッター、ヤッターマン   映画「ヤッターマン」 放送開始から30年。日本中の子どもたちを夢中にした人気テレビアニメ「ヤッターマン」が「これを映画化するまでは死ねない」と豪語する日本映画界の鬼才、三池崇史監督によってついに実写化された型破りな娯楽大作。 奇跡の石をめぐり...

皆のお手本

3月26日、子供たちが春休みになって最初の稽古の日。 冷たい風が吹き続き、寒さが戻ってきました。 小学校を卒業した私の娘も一緒に稽古に参戦。 年長さんや小学低学年の子ども達に教えるのは難しい。 ある意味、根気よく教えるしかないのかなとも思うのだけど。 突きを真っ直ぐに突けない。 今日は、こんな練習をやってみました。 対面して、お互いに左足を前に中段の構え。 間合いは、互いに右手を伸ばして手...

卒業式

3月24日、愛媛は、天気は快晴で暖かな陽気。東京は、どんよりとした曇りで肌寒い。   私が東京出張で不在の為、今日の稽古は「趣味はダイエット、特技はリバウンド」をモットーとするM先輩が「時には厳しく、時には楽しく」指導します (^^) 先般壊れた、周りに希望の光と勇気を与える、自称中年の星「ヒロシ」にもM先輩のサポートをお願いして来ました。 何が壊れた W(^_^) 先般お祝いの席で私...

ワルキューレ

春爛漫の土曜日、レイトショーに行ってきました。(^^)   映画「ワルキューレ」 ワルキューレ それは、女神の名を冠した「作戦」 「私は総統の為に戦っておりません。私は祖国の為に戦う。」 世界が独裁者に従っていた時、彼は良心に従った。 〔独裁者〕と〔首謀者〕、戦死者を選ぶ女神〈ワルキューレ〉はどちらを選択するのか? 第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルー...

海事都市今治

2005年1月16日、愛媛県東予地方の12市町村(今治市・朝倉村・玉川町・波方町・大西町・菊間町・吉海町・宮窪町・伯方町・上浦町・大三島町・関前村)が合併し、面積約420平方キロメートル、人口18万人の新たな「今治市」が誕生しました。 今治市は、世界にも類を見ない造船と海運業を中核とした海事関連企業の一大集積地となり、海岸線の総延長は341kmで日本最大級。 今治市は、海事関連企業が500社...

お土産

3月19日、通常稽古の日。 出張先の東京は、初夏のような季節外の暖かさ。 帰りの羽田空港では、お土産を調達しました。 必ず買ってこなくてはいけないという決まりはないけど、お土産っていうのは、その人の気持ちです。 羽田空港限定の「チョコレートクランチ」一つずつ個装になっているので、お土産にも最適。 このお土産は、娘と、今日の稽古に参加して頑張った子ども達へのご褒美です。 少年の部は、インフルエ...

悩み事

3月17日、通常稽古の日。暖かくなりましたね♪ 稽古に出向くときも、ジャンパー要らず、道場もストーブも要らず、こんな事は今年初めて。 ようやく春が来たんだなと感じます。 昨今は、今治市に限らず、少子・高齢化が著しくなった地域内で、学校同士を統合されたり、学級数が減少したり、子ども達をとりまく状況は大きく変化しています。   去る者あれば、来る者あり。 看板も広告もないのに、友達が友達を...

命名進水式

3月16日、月曜日も穏やかな春の晴天。 昨日の前夜祭に引き続き、海運会社の命名進水式に出席してきました。   船の建造に関係するセレモニーには、着工時に行われる起工式や完成時の竣工式などもあるが、最も華やかなのは何といっても進水式です。 関係者にとっては、それまで船台やドックで建造されていた船がその本来の活動場所である海上へ乗り出す、まさに船の誕生の瞬間を祝う重要な節目。 進水式の流れ...

ページ移動